神からの手紙 第4巻

神からの手紙 第4巻

第9章 あの世

第10章 お金

第11章 あの世2

 

第10章 お金 内容 一部抜粋

 

お金には、どのような意味があるのでしょう。

この世でお金というものがどのような力を持ち、

どのように使っていけばよいのかを書いていきます。

 

1お金と人

 

お金については、いろいろな疑問が持たれています。

人はお金というものを生み出しました。

その結果、お金に支配されて生きることになりました。

お金とは、人が支配されるために生み出されたのではなく、人が生活するのに便利なようにつくり出されたものなのです。

 

いま、この世はお金に支配される人が多いために、人よりお金が大切にされるようになっています。

お金は人がつくり出した仕組みですから、人がお金に左右されて生きるのは、そもそも間違っているのです。

 

人はお金よりたくさんの力があるのですが、お金のために人が肉体を手放し、つまり死んでしまうのは、大きな間違いです。人はお金を利用するのであって、お金に利用されてはなりません。

お金について学び、お金に利用されない人間になることが大切です。

 

お金とはエネルギーなのです。

お金を生み出すことに使った人のエネルギーなのです。

労働によって、お金を手に入れることができます。

その労働に使ったエネルギーが、お金に換算されて手に入るのです。

人は働くことで、お金を手に入れるのです。

お金とは、人が働くことに使ったエネルギーの代価なのです。

 

そのお金でほかのものを買うということは、自分の持っているエネルギーを使って、ほかのものを手に入れるということになります。

自分の手に入れるものは、ほかの人がその人のエネルギーを使って手に入れたものです。

エネルギーの交換であり、エネルギーの循環ということになります。

 

このエネルギーの交換は、とても大切です。人と人とが交流すると、必ずエネルギーの交換が行われます。

人と人は、何らかの影響をしあうからです。

人と人とは、無償でエネルギーを交換しあうことができます。

これは基本です。

 

人と人とは無償でエネルギーを交換しあうだけでなく、有償でエネルギーを交換しあうことがあります。

これがお金というものです。

このお金を使うと、エネルギーの交換はとてもたやすくすることができます。

直接エネルギーを交換する関係でなくても、お金を使えばたやすく交換できるのです。

 

これが、お金の良い所となり、悪いと所となるのです。

関係性を除いた交換がたやすくできるために、そこに悪が入り込みやすいのです。

悪のためにお金を利用することができるのです。

目的を問わず、人のエネルギーを交換することができてしまうのです。

 

人のエネルギーを管理することもできてしまうのです。

お金を貯めることにより、人のエネルギーを貯め込むこともできるのです。

お金というものは、よく考えてつき合うことが大切です。

お金のために人が命を失ったり、お金のために愛するものを失うことは、避けたいことです。

 

一体、お金は何のためにつくられたのでしょうか。

エネルギーの交換が、人の関係性以外に必要だからつくられたのです。

人との関係性以外にエネルギーの交換が行われると、社会という集団が円滑に動くことができるのです。

社会が円滑に動くと、人々が潤うことができます。

いま、この世はお金で社会が動いています。お金が社会の基本となっています。

 

2お金の使い方

 

お金をどのように使うのかは、とても大切なことです。

お金はエネルギーなので、使い方によっては大きなエネルギーともなり、小さいエネルギーともなるからです。

お金は使い方次第で、そのエネルギーをどのようにも使うことができるのです。

 

お金のエネルギーは、人の働く力です。

人の働く力から、エネルギーが出ているのです。

人が働かなければ、お金のエネルギーは出ないのです。

人は働くようにできています。

人は何らかの仕事に就き、何らかの働き、つまり労働をしています。

人が働くことによって、人は代償として、お金を得ることができるのです。

人が働くことにより生じたエネルギーが、お金になるのです。

 

人はお金を得て、それを好きなことに使います。

生活に必要なものを買ったり、遊ぶことに使ったりしています。

お金は人にとって役立つように使われます。

お金は人を楽しませ、喜ばせるために使われます。

お金の使い方はとても大切です。

お金は人を喜ばせ、楽しませるほかに、人を悲しませ、その魂を奪うことにも使われているからです。

 

お金を上手に使うことは、人にとってとても大切なことです。

お金は毒にも、薬にもなります。

プラス面とマイナス面があるのです。

お金のプラス面を意識すると、プラスにつき合うことができます。

お金のマイナス面を意識すると、マイナス面とつき合うことになります。

 

いつもプラス面で付き合っていることが、幸せでいるコツです。

お金をプラスのものとして意識すると、お金がさらにプラスのものをよび込むのです。

お金がお金をよび、ますますお金が増えていくのです。

プラスのものは、ますますプラスが増えるからです。

マイナスのものは、ますますマイナスが増えるからです。プラスを意識してください。

 

いつもお金がほしいと思っているなら、それはマイナス面となります。

いつもお金がほしいと思っていることは、いつもお金がほしい状態にありたいという願いがあるからです。

いつもお金がほしい状態、つまりいつもお金がない状態となるのです。

これが、いつもお金がほしいと望んでいる人の、望む現象なのです。

 

いつもお金がある、いつもお金があり余っていると思っている人は、プラス面でお金とつき合っています。

いつもお金があるということに、満足しているからです。

いつもお金がある状態、お金のある現象が現れます。

お金があるので、いつも満足です。お金があるので、生活に困ることはありません。

 

いつもお金があると思う人と、いつもお金がほしいという人には、大きな差があります。

お金があるかないかの、現象が違ってくるからです。

もしあなたがいまお金がないのなら、いつもお金があるとプラスに考えてみてください。

 

いつも私には、お金がある。いつも自由に使えるお金がたくさんある。

私はとても満足していると思ってください。

あなたのお金は増えていきます。

そのように思えば、そのような現象が現れるのです。

プラスにつき合えば、プラスの現象が現れるのです。

 

3お金はいいもの

 

お金はいいものです。

お金について、汚いと思っている人もいますが、お金とはいいものです。

使い方が悪いと、お金は汚いということになってしまいますが、お金そのものはとてもいいものなのです。

 

お金について、いいとか悪いとか思う必要はありません。

お金はエネルギーを表してているものに過ぎないからです。

エネルギーはいいものなのですが、そのエネルギーの使い方によって、いいとか悪いとか決まってくるのです。

 

お金そのものは、いいも悪いもないのです。

お金を使うのは人間です。

人のお金の使い方は、その人の価値感によります。

お金を使う時に、その人が何を大切に考えているかで、お金の良し悪しが違って くるのです。

 

お金を使う時に、お金をよいことのために使おうとするなら、お金はいいお金になります。

お金を使う時に、悪いことのために使うなら、お金は悪いお金になるのです。

お金そのものではなく、お金を使う人の心の在り方によるのです。

お金を使う時、その人が何を考え、何のために使うかによって、お金のいい悪いが違ってくるのです。

 

お金は人の考えた、単なる道具に過ぎません。

お金そのものにとらわれる必要はまったくありません。

お金はいいものです。

お金はいいものですと考えて、いいことに使えばいいものになるのです。

 

お金はとても便利なものです。

お金とは、とてもすばらしい仕組みです。

お金というものを使ったこの世の仕組みは、とてもすばらしいものです。

お金を使うことが正しければ、すばらしい仕組みになるはずでした。

 

お金を使うことが正しくないので、いまの仕組みは問題となっています。

お金を人が使いこなせていないからです。

人がお金に使われているという本末転倒のことが起きています。人がお金に使われる時、あらゆる悲劇が起きます。

人がお金というものに、振り回されてしまうからです。お金によって、善悪の区別がつかなくなってしまうからです。

 

お金自体に問題があるのではありません。

お金というものに対して、人の欲望が操作されてしまうからです。

お金というものに対して、人の欲望、つまりエゴが反応してしまうのです。

エゴはお金が大好きです。

お金によって、エゴが満足できるからです。

人よりお金を持っているとか、人よりお金をたくさん使えるとか、お金に対してエゴは満足できることが多いのです。

 

お金を使ってあらゆることを手に入れるのがエゴは大好きです。

お金を使って他人を支配することも、エゴは大好きです。

自分のエゴを満足させるために、人はお金をたくさん手に入れたがります。

たくさんのお金を手にすれば、たくさんのエゴを満足させることができると思うからです。

 

実はそれは、大きな誤解です。

たくさんのお金を手に入れても、人のエゴを満足させることはできないのです。

エゴとは、足りることがないからです。

常にもっと多くと求めるからです。

 

4お金は命

 

お金は命です。

お金は人の時間を奪うので、命と同じなのです。

お金は人の時間を使って、働くことから生まれます。

人は働くことで、お金を手に入れるのです。

人の働くエネルギー、つまり時間をかけて働くことで得られるエネルギーは、人の命と同じです。

 

人は肉体を持ってこの世にいます。

その肉体は人の命です。

人は肉体という魂の入れものを持ってこの世に生きています。

人の大切な肉体を使い、働くことで得られるということは、人の命を使うことなのです。

 

お金は人の命です。

人は命を粗末にしてはなりません。

人はお金というエネルギーを大切に扱ってください。

お金がいくらあるとか、お金をいくら貯めているかということではないのです。お

金というもの、そのものを大切にしてほしいのです。

 

お金は貯金というプラスの形で保存することも、借金というマイナスの形で保存することもできるのです。

貯金という形で持っていると、人は豊かになり安心できます。

借金という形で持っていると、人は不安になります。

どちらも形が違いますが、お金を持っていることには変わりがありません。

 

お金というものは、持っている形にとらわれず大切に考えてください。貯金も借金もともにあなたがお金を持っていることには変わりなく、すべてあなたの財産です。お金の持ち方にとらわれてはなりません。

 

お金というエネルギーそのものに注目してください。

お金とは、あなたの命と同じです。

あなたが自分の命を使って手に入れたエネルギーなのです。

お金というものを単なる物として、扱ってはなりません。

お金を愛してください。お金を大切に扱ってください。

 

お金を大切に扱うと、お金自身があなたにエネルギーを返します。

お金自身の持っているエネルギーが、あなたを元気にするのです。

お金というものは、人の命を使って得られるエネルギーなのです。

人のエネルギーがたくさん入っているのです。

 

お金の持っているエネルギー自体が大きいのであれば、持っている人をますます元気にパワフルにしてくれます。

お金の持っているエネルギーが小さければ、持っている人を元気にするどころか、逆に人のエネルギーを奪ってしまうのです。

お金自体の持つエネルギーに着目してください。

お金の持っているエネルギーが、大きいか小さいかに着目してください。

 

お金の持ち方に気をつけてください。

大きなエネルギーのお金を持つようにするのです。

大きなエネルギーのお金はあなたを強くし、あなたにエネルギーを与えるからです。

小さなエネルギーのお金は、あなたのパワーを奪ってしまうからです。

 

 

神からの手紙

 

 


top