神からの手紙読書会9月「魂と肉体」

第42回 読書会   9月12日 (土曜日)

 

テーマ 第23章 「魂と肉体」未出版原稿

 

☆☆☆☆☆

 

魂と肉体はとても密接なパートナーなのです。

人はこの二つを大切にしなければなりません。

どちらもあなたにとって、欠かせないのです。
この二つのバランスをとって、この世を生きて下さい。

(一部抜粋)

☆☆☆☆☆

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。

あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。

幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

 

< 読書会について >

その回のテーマになる章を、読み進めていきます。

参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。

当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 10月10日 (土曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

 

◆会場:ルシール・ブルー

(小田急線・湘南台駅より徒歩5分)

 

◆参加費:3000円+税

◆定 員:20名

 

◆持ち物:飲み物

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ

 


たいらつばきお話会10月

「神からの手紙」の著者 たいらつばきのお話会です。

お話と最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

 

日にち  2020年10月8日 木曜日

時 間  午後1時から3時30分まで。

会 費  3300円

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 


神からの手紙読書会10月「新しいこの世のあり方」

第43回 読書会   10月10日 (土曜日)

 

テーマ 第24章 「新しいこの世のあり方」未出版原稿

☆☆☆☆☆

新しいこの世は、どのような姿となっているのでしょうか。
新しいこの世は、誰でもが平等で、平和な世界です。一人でも不幸な人はいないのです。

全ての人々は皆幸せなのです。
全ての人々がそれぞれの内在の神と繋がっているので、何もしなくても幸せになれるのです。

(一部抜粋)

☆☆☆☆☆

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。

あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。

幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

 

< 読書会について >

その回のテーマになる章を、読み進めていきます。

参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。

当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 10月10日 (土曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

 

◆会場:ルシール・ブルー

(小田急線・湘南台駅より徒歩5分)

 

◆参加費:3000円+税

◆定 員:20名

 

◆持ち物:飲み物

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ


読書会 8月 愛のありかた 第18章

第41回 読書会   8月22日 (土曜日)

 

 

テーマ 第18章 「愛のあり方」未出版原稿

 

☆☆☆☆☆

 

愛のあり方とは、愛をどう表すかと言うことです
愛とは神のエネルギーなのです。
人はいつも愛に包まれています。
あなたの暮らしの中に愛の光をあふれさせて下さい。
愛とは何でしょう。
愛とは神のエネルギーです。
人は愛を持って、日々生きているのです。
愛とは相手に捧げる愛ではありません。
自分の大切にすることです。
・」
人は自分を粗末にしています。
人は自分を粗末に扱って、他の人の愛を捧げようとしています。
愛は、ないものから搾り取ることはできません。
愛とはあふれ出るものなのです。
まず自分です。まずあなた自身を愛であふれさせて下さい。
あなたがあなたを最も愛し、最も敬い、最も大切にするのです。
このことから愛が少しずつ充足していくのです。
あなたは自分を大切にしていますか。
あなたは自分を敬っていますか。
あなたは自分を愛しているのでしょうか。
よく、考えてみて下さい。
あなたが最も嫌いなもの
それはあなたではありませんか。
(一部抜粋)

☆☆☆☆☆

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。

あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。

幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

< 読書会について >

その回のテーマになる章を、読み進めていきます。

参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。

当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 8月22日 (土曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

第1部のみのご参加もOKですが、内容の関係上、第2部のみのご参加はご遠慮ください。

◆会場:オンライン

M&T  サロン (小田急線・湘南台駅より徒歩5分)

 

◆参加費:3000円+税
◆定 員:25名

 

◆持ち物:飲み物

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ


神からの手紙読書会 7月

第40回 読書会   7月18日 (土曜日)

テーマ 第20章 「新しいこの世」未出版原稿

人々よ 幸せになって下さい。
神はあなたの喜ぶ顔が見たいのです。
なぜならあなたは神の子であるからです。
可愛い我が子の幸せを願わない親がいるでしょうか。
神の国とはこの地上の楽園です。
あなたは地球に愛されています。
この地球に必要な魂なのです。
地球はあなたと共にいることを願っています。
地球と共に上昇するのです。
(一部抜粋)

☆☆☆☆☆

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。

あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。

幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

< 読書会について >

その回のテーマになる章を、読み進めていきます。

参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。

当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時:7月18日 (土曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

第1部のみのご参加もOKですが、内容の関係上、第2部のみのご参加はご遠慮ください。

◆会場:M&T  サロン (小田急線・湘南台駅より徒歩5分)

 

◆参加費:3000円(会場にてお支払い下さい)
◆定 員:25名

 

◆持ち物:飲み物

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ


読書会 6月 テーマ 神の期待 第1巻 第2章

第39回 読書会   6月13日 (土曜日)

☆ オンラインにて開催します。

 

テーマ 第1巻 第2章 神の期待

 

☆☆☆☆☆

第2章 神の期待
町は住む人々に取って誇りです。
町は住む人々にとって母のような存在です。
人々は町を愛しています。
自分の住む町は、住む人にとってとても自慢のできる所です。
町には子どもが大勢います。町の人々は、町の子どもをかわいがって育てます。
誰も子どもをいじめたり、叩いたりしません。
子どもは天使なので、皆の宝物です。
町の子どもは待ちの人々から愛され、楽しく生き生きと毎日を過ごします。
子どもは町の宝なので、人々が愛し慈しみます。(一部抜粋)

 

☆☆☆☆☆

 

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。

あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。

幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

< 読書会について >

その回のテーマになる章を、読み進めていきます。

参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。

当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 6月13日 (土曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

第1部のみのご参加もOKですが、内容の関係上、第2部のみのご参加はご遠慮ください。

◆会場:M&T  サロン (小田急線・湘南台駅より徒歩5分)

 

◆参加費:3000円(会場にてお支払い下さい)
◆定 員:23名

 

◆持ち物:飲み物

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ


読書会 5月 神からの手紙 テーマ 悟りと覚醒

第38回 読書会   5月16日 (土曜日)

テーマ 【悟りと覚醒】 新刊 第6巻 第15章

 

悟りとは、あなたがあなたの内なる魂に沿っていきていくことです。

あなたは、この神のお宮としてこの世に存在しているのです。

自分を神のお宮であると知ると、人は自分を大切にするようになります。

まず第一に悟りの状態に入って下さい。

次に向かうのは覚醒です。

悟りとは魂のままに生きること、覚醒とは神の力を持ち、使えるようになることです。

自分自身を大切にして、幸せになって下さい。

(一部抜粋)

☆☆☆☆☆

 

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。 幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

< 読書会について >
その回のテーマになる章を、読み進めていきます。

参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。
当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 5月16日 (土曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

第1部のみのご参加もOKですが、内容の関係上、第2部のみのご参加はご遠慮ください。

 

◆会場:オンライン(Zoom)にて開催します。

◆参加費:3000円(振り込みにてお支払い下さい)

◆定 員:25名

◆持ち物:

 

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづままで
メール  ritumi2542@gmail.com

 

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ

 


読書会 第37回4月 神からの手紙 【テーマ 人の生き方】

ーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインで開催しました。

ご参加ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第37回 読書会   4月11日 (土曜日)

テーマ 人の生き方

人はなぜこの世に肉体を持って生きているのでしょう。

そのことに気づいている人は少ないのです。 

人は生まれる前に、この世でやるべき事を決めてきています。

何を成しどのように魂を成長させるか、自分で決めてきているのです。

このことを思い出すか、思い出さないかで、この世の生き方は大きく変わります。 
悩むことは必要です。悩んで自分の今生の目的を思い出すのです。
自分は何の為に生まれたのか、何を成すべきかがわかれば、人は明るく積極的に人生を歩むことができます。 
人はいつも輝いています。
もしあなたが輝いていなければ、もっと輝く人生を歩めるということです。
可能性を信じて下さい。 
(一部抜粋)

☆☆☆☆☆

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。 幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

< 読書会について >
その回のテーマになる章を、読み進めていきます。参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。
何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。
当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 4月11日 (土曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

第1部のみのご参加もOKですが、内容の関係上、第2部のみのご参加はご遠慮ください。

◆会場:変更になりました。

湘南台 M&T

◆参加費:3000円(会場にてお支払い下さい)
◆定 員:28名
◆持ち物:飲み物

 

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ


第36回 3月読書会 神からの手紙「テーマ 魂」

第36回 読書会   3月15日 (日曜日)

テーマ 魂

 

残席 わずか!

 

☆☆☆☆☆

魂とは人の体の中にあるものです。魂とはその人がその人であることの証です。

この世で経験を積めるものは人だけです。

人として肉体をもっているものだけが、肉体を使って、日々経験を積みながら成長していけるのです。


肉体を持って経験している時だけ魂は経験できるのです。

今あなたが肉体を持って人としてこの世に存在することが、多くの魂のあこがれとなっています。

多くの魂にとってあなたはビッグスターなのです。あなたは宇宙規模のビッグスターなのです。


あなたが生きてていること、そのことこそが奇跡であり、希望の星なのです。

決して「自分なんて~」などと思わないで下さい。


(一部抜粋)

☆☆☆☆☆

 

< 神からの手紙について >
著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。

あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。

幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。

< 読書会について >

その回のテーマになる章を、読み進めていきます。

参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。

当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 3月15日 (日曜日)
第1部:11:30~14:15
第2部:14:30~17:00

第1部のみのご参加もOKですが、内容の関係上、第2部のみのご参加はご遠慮ください。

◆会場:M&M  サロン (小田急線・湘南台駅より徒歩5分)

 

◆参加費:3000円(会場にてお支払い下さい)
◆定 員:16名
◆持ち物:飲み物

 

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com

又は フェイスブック 神からの手紙サイトへ


読書会 第32回神からの手紙「新しいこの世のあり方」 未出版原稿

かm第32回 読書会   11月24日 (日曜日) 

 

テーマ  新しいこの世のあり方 未発表原稿 

 

人は自分自身と繋がり、内在の神と同調することによって、本当に幸せになることを知っています。

あなたの本当の神はあなたです。あなたの中にこの私がいます。

あなたが本当に幸せになるように、私はいつもあなたの方向を指し示しているのです

この私とコミュニケーションをとって日々行動してください。 

(一部抜粋) 

 

☆☆☆☆☆

 

 神からの手紙について > 

 著者 たいらつばきさんが 自動書記により神(命・魂の源、天)からのメッセージを受け取り、書き綴った本です。 

 

この本は、読んだあなた宛に書かれたものです。

あなたが個性を生かし、のびのびと幸せに生きることを 神さまはいつも願っています。 幸せに生きるために、どのように考えたらいいのかが わかりやすく書いてあります。 

 

 読書会について > 

  その回のテーマになる章を、読み進めていきます。参加者で感じたこと、思ったこと、考えたことを話し合います。 

 

参加した方たちと一緒に じっくり読む時間を持つことで ひとりで読むより深く、そして、他の方の感想を聞くことで、いろいろな考えに気づくことができます。 

何でも安心して話せる 信頼できる場つくりを心がけています。 

当日は、著者つばきさんを囲んでの読書会となります。 

 

☆☆☆☆☆

 

◆日時: 10月14日 (月曜日 祭日) 

1部:13:30~16:15 

2部:16:30~19:00 

 

第1部のみのご参加もOKですが、内容の関係上、第2部のみのご参加はご遠慮ください。 

 

◆会場:ユニコムプラザさがみはら・ミーティングルーム4 

(小田急線・相模大野駅より徒歩3分) 

http://unicom-plaza.jp/access/ 

 

◆参加費:3000円(会場にてお支払い下さい) 

◆定   員:25 名 

◆持ち物:飲み物    

 

◆お申込み、お問い合わせ は、 こうづま まで
メール  ritumi2542@gmail.com



top